マリリン・モンローの家(豪邸)を購入したのは誰?売却された理由はなぜでファンなのか?

あの大女優マリリン・モンローが生前暮らしていた家が91億円という大金で売却されましたね。

91億円なんて一生縁のない金額かもしれませんが、なんとこの家は売りに出された時は2倍の187億円だったそうです。

彼女が亡くなったのは59年の前でネットでは「誰が買ったのか」「なぜ今なのか」「個人なのか」と憶測が飛び交っています。

みなさんもちょっと気になりますよね?

ということで、購入した人物が何者なのか調査してみました。

マリリン・モンローの家(豪邸)の購入はだれ?

InstagramやTwitter、ネット上で調査しましたが、誰が購入したのかはわかりませんでした。(2021年1月22日現在)

今後、新しい情報があれば追記していきたいと思います。

マリリン・モンローの家は違う?ジョセフ・M・シェンクやトニー・カーティス、シェールが住んだ家はどこ?

実は今回91億円で売却された家は、かつてジョセフ・M・シェンクという映画プロデューサーが住んでいた家だそうです。

今回話題になっている家は、当時21歳のマリリン・モンローは彼と交際していたため、この家に住んでいたことがありました。

つまり、マリリン・モンロー自身の家ではないそうです。

気になっていろいろ調べてみたのですが、敷地はとてつもなく広く10エイカーあります。

これは東京ドームでいうと0.8個分の広さです。

9つのベッドルームがあり、バスルームは10つ、ゲストハウスまであるそうです。

住所はどこ?

141 S Carolwood Dr Los Angeles

アメリカのロサンゼルスのcarowood driveという道にある南の141が住所です。

グーグルマップで見ると周りの家との大きさの違いが一目瞭然です。

内装(内部)や外装(外観)の画像は?

英語ですが、室内をツアーした気分になれます。

いつかこんな家に住んでみたいですね♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です